レバレッジ規制で国内FXの魅力は半減

個人の投資方法として一般的になってきたFX(外国為替証拠金取引)。 過去にはレバレッジ400倍といったサービスを提供していたFX会社もありましたが、相次ぐ証拠金規制により、今では最大約25倍のレバレッジ・サービスしか受けられなくなっています。
こういった背景で、国内FX会社の差別化戦略は難しくなってきました。 FX会社としては、基本サービスは同じであっても、何かひとつは他社より優れた魅力を強調したいところです。 しかし前述の規制により、これまで激しかった差別化戦略が沈静化の様相を見せ始めました。




<FXのハイレバレッジが規制されるに至った理由>

ハイレバレッジによって、少ない資金で大きな投資ができますが、言い方を変えると、それだけリスクも大きいということです。 値動きが一瞬で大幅に動くこともあり、その瞬間に大きな利益が出る人もいれば、逆に大きな損失を出してしまう人もいます。 そういったリスクから投資家を守るという観点から「個人投資家保護」として、大幅なレバレッジ規制が行われたわけです。 しかし一方では、公設取引所を有利に運営させ、民間FX会社に淘汰圧をかけているという説もまことしやかに囁かれています。


「レバレッジ規制のない海外業者」

FX会社は日本国内には数十程度しかありません。しかし、海外となるとその数は数え切れないほどあります。 海外FX会社であれば、日本国内で適用されるレバレッジ規制がないため、ハイレバレッジでの取引が可能です。 ハイリスク・ハイリターンと言われるハイレバレッジでの取引ですが、「追証ゼロサービス」というものが用意されており、急激な値動きでマイナスになる場合でも、損失は証拠金の範囲内だけで収まります。 ハイレバレッジで取引するわけなので、取引に必要な証拠金も少額で済みます。
日本のFX会社にはない「証拠金以上の費用を請求しない」というサービスは、海外FX会社を使う大きなメリットと言えるでしょう。


「海外FX会社を選ぶポイント」

とはいえ、海外FX会社ごとに大きな差があるのも事実です。 日本語サポートの使えないところも多数あり、出金方法などが詐欺的なところも存在します。 こんな事を書くとやはり敷居が高いと思われるかもしれませんが、日本から口座を作れる海外FX業者の多くは、日本語でサポートしてくれるスタッフが常駐していたり、電話でのサポートもしっかりしています。
レバレッジはどこの会社でも200倍をクリアしているので、より有利な取引をして利益を確保するために、高い約定力や狭いスプレッドの会社を探すと良いでしょう。 他にも入金時にボーナスをもらえたり、日本円で口座を開設できるところもあります。 まずは、自分に合った海外FX会社をじっくり選ぶことが大切です。

ハイリスク・ハイリターン

FXは株式と同じように、数ある投資商品の中ではハイリスク・ハイリターンな投資に分類されます。

 

つまり上手くゆけば短期間で大きな利益を手に入れることができますが、失敗すれば逆に大きな損失を被ってしまうということです。

 

それゆえ実際にFX投資を行う際には、いかにしてリスクを減らせるかが重要なポイントとなります。

 

そのためには初心者のうちは、低い倍率のレバレッジで取り引きをするのが基本です。

 

いきなり高倍率で取り引きを行うのは、リスクが高すぎると心得ておくべきです。