資産運用をするにあたり何をすれば良いのか

めまぐるしく変化する世界情勢や経済状況の中、普通に銀行へ預金するだけでは十分な資産を築くことは困難です。もちろん預金すれば確実に資産確保はできますが、金利が低すぎて何年預金してもいくらにもならないこともあります。金利変動型の預金を選択したとしても、金利が劇的に変化するような未来はあまり期待できません。

では、預金の他に資産を増やす方法は何か?と考えますよね。そこで株式投資はどうだろうと思いつきます。

もちろん株式投資をして資産を倍に増やす可能性はあります。がしかし、リスクを背負うことにもなるため注意は必要です。

株式投資をするには十分な知識と、自分が持つことになる株式の企業に関する情報を集めなくてはなりません。株式とは企業が成長していけば株価がそれに反応し、一株の配当金も上がっていきます。それが株主へと還元され資産につながるわけです。しかし逆のことが起きれば株の価値が下がり、もちろん配当に関しても下がるというリスクが常についてまわります。ですから株式投資を始めるためには、経済状況に敏感になれることや自分自身でリスクを察知できるスキルなど十分な準備が必要なのです。

では、株式投資の他に資産を増やせる方法はないのでしょうか。

投資信託があります。株式投資は自身で取引やリスク管理をしなくてはなりませんが、投資信託ならば運用するのは投資を専門としているプロです。投資の専門家である証券会社にお金を預け、同じように集められたお金を集めて投資のプロが株式売買をします。これにより収益が上がれば配当が得られる仕組みです。マイナスにならないとは言い切れませんが、個人で投資を行うよりも投資を専門としている所に任せる方がリスクは少なく利益を得られる期待は大きくなります。

その他に株主優待がある株を持つのも良いでしょう。企業によって株主優待の内容は異なるので、その内容によって決めても良いかもしれません。たとえ株がマイナスになったとしても優待があればその分満足できることもあります。但し、投資信託とは違いあくまでも個人で運用する株取引と同じですから、リスクは大きくなります。

また、今後日本の不動産が値上がりすると予想されます。

日本の不動産はまだ上がる余地があると言われています。アベノミクス経済が機能し東京の地価が上がっています。かつてオフィスの空室が目立っていた様相も変わり、5%台の空室率となっています。また、日本銀行が行う金融緩和も不動産市場の背中を押しているともされています。

中央銀行による大規模な金融緩和は、資金が大量に流れることを意味しています。この資金が不動産市場に流れれば価格は上昇することが約束され、さらに担保価値が増えることを予期しています。

また2020年の東京オリンピックも不動産市場の盛り上げに拍車をかけることでしょう。日本の大都市である東京が大きく改造されることで、大量の資金が不動産市場に流入し始めています。今後もこの傾向は強くなることでしょう。

こういった背景から不動産REITが大幅に下落するようなことはないと言えます。逆に今後もあがり続けていくのではと予想されているのです。

ハイリスク・ハイリターン

FXは株式と同じように、数ある投資商品の中ではハイリスク・ハイリターンな投資に分類されます。

 

つまり上手くゆけば短期間で大きな利益を手に入れることができますが、失敗すれば逆に大きな損失を被ってしまうということです。

 

それゆえ実際にFX投資を行う際には、いかにしてリスクを減らせるかが重要なポイントとなります。

 

そのためには初心者のうちは、低い倍率のレバレッジで取り引きをするのが基本です。

 

いきなり高倍率で取り引きを行うのは、リスクが高すぎると心得ておくべきです。